SAMUI島内厳選のスパリゾート3選


島全体がココナッツで覆われていることから「ココナッツアイランド」とも呼ばれるサムイ島。タイで3番目に大きな島で、プーケットと並びタイを代表するリゾートとして、今も発展し続けている。一方でココナッツの木より高い建物の建設を禁止しているなど、サムイ島ならではの自然景観の保護にも取り組んでいる。
そのため、海だけでなく島内にも豊かな自然が残っている。定番はマリンアクティビティだが、ピクニックを兼ねてナームアンの滝を見に行くのも、違ったサムイの楽しみ方としてオススメだ。
また、タイの中でもブティック型のスパリゾートが充実しているのも魅力のひとつ。今回は厳選した3つのスパリゾートを紹介したい。

KAMALAYA(カマラヤ)
2017年2月に「ワールドスパ&ウェルネスアワード」を受賞するなど、世界的にも評価が高いスパウェルネスリゾート「カマラマコー サムイ」。ホリスティックセラピーやヒーリングセラピーなど、パーソナライズされたウェルネス体験は他ではなかなかできない体験のひとつだ。
住所:102/9 Moo 3, Laem Set Road, Na-Muang Koh Samui, Suratthani

Panacea(パナシア)
「パナシアコーサムイ」は、東南アジアの中でもユニークなリトリートのひとつ。丘の上から眺める豊かな自然の大パノラマは一見の価値がある。ギリシャ神話の癒しの女神の名前にちなんでつけられた名前の通 り、心身の癒しや活性化を望む方には最適だ。
住所:51/25 Moo1 Bophut Koh Samui, Suratthani

Banyan Tree Koh Samu(バンヤンツリー コーサムイ)
「心地良い波の音が響く入り江を望む丘の斜面に佇む「バンヤンツリーコーサムイ」。タイの伝統工法を取り入れて建てられた高床式のヴィラは、タイの文化体験のひとつとしてもオススメ。穏やかに流れる時間は、普段多忙な日々を過ごす方に至高の安息を与えてくれる。
住所:99/9 Moo 4, Maret Samui, Surat Thani
Koh Samui has been called Coconuts island because it is covered with Coconuts tree. Samui is the third largest island and representative resort in Thailand along with Phuket. On the other hand, it has been tackling on preserving scenic beauty prohibiting to construct higher buildings than coconuts tree, that is the reason why rich natural were left around the Samui island. You can always enjoy marine activities but we recommend you add to go to Na Muang Water Fall as a picnic itinerary, it is a different pleasure in Samui as well. Samui has many boutique-typed spa resorts which we now recommend on the following page.

KAMALAYA
Kamalaya is highly estimated spa & wellness resort winning World Spa & Wellness Awards recently. Personalized wellness program like holistic and healing therapy are renowned globally.
Address:102/9 Moo 3, Laem Set Road, Na-Muang Koh Samui, Suratthani

Panacea
Panacea Koh Samui is one of the unique retreats in Asia. It is worth while seeing a panoramic natural beauty from up on the hillside. As indicated by the name derived from healing goddess of Greek mythology, it is the most adequate and ideal place for those who seek for healing.
Address:51/25 Moo1 Bophut Koh Samui, Suratthani

Banyan Tree
Banyan Tree Koh Samui is located on the slope of the hillside from where we can see the cove with harmonic sounds. Stilts villas making use of traditional skills in Thailand is what we recommend to experience Thai culture. Feeling slow life enables us to have a sublime repose for those people leading busy lives.
Address:99/9 Moo 4, Maret Samui, Surat Thani


「富裕層ビジネスに参入したいがよくわからない、何からはじめたらいいのか教えてほしい」というお悩みをお持ちの企業向けに、当社では様々な独自サービスをご用意しています。

  • 富裕層が本当に興味を持つ生の情報を見てみよう!
    富裕層ビジネスの知見を深めるための富裕層メンバーシップサイトの企業向け年間閲覧権
  • 富裕層マーケティングの基礎から一部応用まで学ぶ富裕層ビジネス研修
  • 日本初の富裕層ビジネス専門資格
  • 本格的に富裕層ビジネスに参入したい方にオススメの富裕層ビジネス顧問契約。

他にも様々な商品をご用意しております。
富裕層ビジネスにお困りのことがありましたら、随時当社へお問い合わせください。

富裕層マーケティングのことなら株式会社ルート・アンド・パートナーズへ

タイ人富裕層調査から考えるアジア富裕層との付き合い方

ミャンマー生まれ、バンコク在住。特許申請されているか否かをグローバルに調べるソフトウェアの開発、販売で財をなし、バンコクやシンガポールでレストランも経営しているタイ人Aさん(58歳)に話を聞いたので今回はそのインタビュー内容からアジア富裕層との付き合い方を考えてみたい。蛇足ではあるがレストランオーナーであることも理由のひとつなのか、Aさんの貯蔵ワインは4000本を超える。

 

「日本には年に何度か出張で行くが、宿泊は六本木のグランドハイアットと決めている。料金の割にとても地の利がいい場所にあるからだ。妻もつれていくことが多いが、彼女はひとりで京都や神戸に遊びに行くことが多い。その付添いができるツアーオペレーターが必要ないくらい日本は安全だ。そこが日本の一番いいところに映る。ビジネスに目を向けると日本のビジネスマンは平均能力がとても高い。海外で起業すれば成功するだろうなあと思う人にもよく会うものだ。しかし営業マンの雇用となると話がまったく違ってくる。こちらはかなりいい条件を出しているが、断られるかマイルストンが達成できないとすぐに辞めてしまうか、のどちらかが圧倒的に多い。一方、営業以外の分野では理にかなった話をするビジネスマンが多くいる。もちろん我々の国とは文化や歴史などの差もあるだろうが、日本のビジネスマンの自分への投資意識が希薄なのはボディーブローのように利いてくるんじゃないか、と予測している。理屈より先に、商品営業で基礎力を付けながら結果をだし、5年たてばカントリーマネジャーになれるのに、5年どころか1年ももたない連中が多いことは大変危惧している。特に男性に顕著だね」。

 

Aさんは当社の顧客として長くおつきあいさせていただいているが、バンコクのレストランマネジャーは7年間働いているドイツ人だし、シンガポールのマネジャーは12年もLeeさんの下で働いているシンガポール人だ。2人とも仕事は厳しいものの羨ましいほどの年棒とストックオプションを与えられている。Aさんの日本人ビジネスマンへの意見は現在の、あるいは将来の日本のビジネスへの警鐘として覚えておきたいところだ。タイに限らずアジア富裕層のほとんどはコングロマリット的なビジネスオーナーが多い。当然ながらマーケットを当初からアジア全域に考える傾向があるため、日本はそのビジネスがなんであれ重要なターゲットマーケットなのだ。しかしながらアジア富裕層が経営する会社のカントリーマネジャーになった日本人が少ないというのが一方の現実で、これでは最も日本のことを知っているはずの日本人の雇用がうまく進まず、結果外資参入による日本企業へのご利益が薄れていく可能性が強い。それはアジアマネーを取り込めないことを意味するという点では、完全にオポチュニティロスにつながっているし、将来的にもつながりかねないと言える。

 

他方で、日本人女性のある分野での可能性には大きな期待感を寄せる。「ナースと保育士。日本のナースは素晴らしい。間違いなく世界一のレベルにあると断言できる。しかしながらよくよく聞いてみると、労働環境がそれほどでもないというじゃないか。保育士もしかりだ。日本においては保育園に入れない子供がいて結果仕事ができない女性が多くいると聞く。しかもその保育士の労働環境もそれほどでもないようだね。私の母国ミャンマーはこれから病院や保育園がたくさんできる。優秀なナースや保育士がノドから手が出るほど欲しい。ましてや勤務経験のあるインターナショナルナース(病院勤務のナースではなく、仕事毎に契約し全世界の病院を顧客にするナースのこと)であれば引く手あまただろう。ミャンマーの医療はなんとかしなくてはならない。だからこの分野で協力してくれる企業を日本に求めているんだ」。

 

バンコク中心部のみならず、北部回廊(ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマーをつなぐ高速道路の予定が着々と進んでいる)付近はタイの通貨であるバーツ経済圏になるとされている。数か国横串で通用するバーツ経済圏の拡大は、同地域のビジネスをよりフレンドリーなものにし、結果富裕層もどんどん増えていくことが予想される。そのような経済圏の中で必要とされているのが、保育士とナース、日本では人手不足で社会問題になっている産業分野だ。資本の論理で言えば、これらの産業に属する日本の労働リソースは、戦後企業がどんどん海外進出し産業空洞化が懸念されたことと同様、どんどん海外を目指すことになる。そして、より人材不足に陥る日本とは対照的に、アジア各国の労働リソースバランスは徐々に改善されていく。要するに本来は日本が優秀な海外の労働リソースを惹きつけねばならないまさにその同時期に、同じ問題意識を抱えたアジア富裕層資本がアジア各国に日本の優秀な労働リソースを引き抜いていく、という現象が遅かれ早かれ起きるということになる可能性が高い。

 

インタビューは短いものだったが、Leeさんの日本に対する意見は的を得ているものが多い。アジア富裕層をマーケティングしていくには、彼らがやっているビジネスのことを考え、どうすれば今の日本にある知恵やリソースで問題点を解決できるか、という視点が最も大切なことは明らかだ。「アジア富裕層はつかみにくい」ではなく、「アジア富裕層をつかむには、彼らのビジネスの悩みを解決することを考える」、と考えれば様々なブレイクスルーが見つかっていくことになるだろう。制度疲労が叫ばれる日本に外資を導入していくには、相手の弱点をよく知ること、これに尽きる。そしてほとんどのアジア富裕層にその弱点は存在するものだ。

豊かな自然が残るココナッツアイランドリゾート

島全体がココナッツで覆われていることから「ココナッツアイランド」とも呼ばれるサムイ島。タイで3番目に大きな島で、プーケットと並びタイを代表するリゾートとして、今も発展し続けている。
一方でココナッツの木より高い建物の建設を禁止しているなど、サムイ島ならではの自然景観の保護にも取り組んでいる。
そのため、海だけでなく島内にも豊かな自然が残っている。

定番はマリンアクティビティだが、ピクニックを兼ねてナームアンの滝を見に行くのも、違ったサムイの楽しみ方としてオススメだ。

また、タイの中でもブティック型のスパリゾートが充実しているのも魅力のひとつ。
今回は当社が厳選した3つのスパリゾートを紹介したい。

 

Kamalaya Koh Samui/カマラヤ コーサムイ

2017年2月に「ワールドスパ&ウェルネスアワード」を受賞するなど、世界的にも評価が一局いスパ&ウェルネスリゾート「カマラヤコーサムイ」。
ホリスティックセラピーやヒーリングセラピーなど、パーソナライズされたウェルネス体験は他ではなかなかできない体験のひとつだ。

 

Panacea Koh Samui/パナシア コーサムイ

「パナシアコーサムイ」は、東南アジアの中でもユニークなリトリートのひとつ。
丘の上から眺める曲豆かな自然の大パノラマは一見の価値がある。
ギリシャ神話の癒しの女神の名前にちなんでつけられた名前の通り、心身の癒しや活性化を望む方には最適だ。

 

Banyan Tree Koh Samui/バンヤンツリー コーサムイ

心地良い波の音が響く入り江を望む丘の斜面に停む「バンヤンツリーコーサムイ」。
タイの伝統工法を取り入れて建てられた高床式のヴィラは、タイの文化体験のひとつとしてもオススメ。
穏やかに流れる時間は、普段多忙な日々を過ごす方に至高の安息を与えてくれる。

Samui Experience Gift / サムイ体験ギフト

Samui gifts’ information needed for Japanese high net worth people.

HighNetWorth Samui Online is always seeking for experience gifts from Samui so that we sell them to Japanese high net worth individuals hopefully as packages.
We have many opportunities to send gifts at the time of entering schools, birthday, launching business, wedding and being 60 etc as the same culture you have.
Especially we are asking for rare experience gifts from Samui or from the viewpoints of Samui to satisfy our high net worth clients because they are already started to get tired of Japanese gifts even if they have been highly estimated.
In the meantime, we have contrary business, it means we are always looking for some Samui companies to deal with Japanese gifts first sold in Samui.

If you have some ideas, please let us know.

 

Contact Us

Please send inquiry about Samui Experience Gift from the page below.

Contact Us

 

サムイ体験ギフトをご希望の方はこちら

サムイ富裕層マーケティング総合研究所では、サムイ体験ギフトの情報を随時掲載しています。
家族や友人などにサムイ体験ギフトを贈りたいとお考えの方は、ぜひ一度ご覧ください。

サムイ体験ギフトをご希望の方はこちら

サムイ島の動向と不動産投資に前向きな日本のクールジャパン

タイでは積極的な工場誘致を実施しており、サムイ島もこの条件へ当てはまっていきます。
不動産業者は現地で依頼を今日も待っているため、決断次第で次々に事を進めるという内容が見えてくるのです。
また不動産業者の特色を見ながら保険についても学んでいくことが大事になるので、日本の制度との違いを明確にさせる方向が大事です。
サムイ島にふさわしいクールジャパン事業が着々と進められている現在、スマートフォンやパソコンで容易に詳細を確認することも可能となっています。
誰でも参加しやすい条件となれば、居住におけるスペースや不動産に関する動向もきちんとした内容で伝わります。
個人経営をする場合は小さな事務所を賃貸というかたちで利用することになるため、興味深い物件があれば詳細を調べるという行動に出る部分が大切です。
世界中の人がサムイ島に関心を示しているので、魅力的な条件は取引先に押さえてもらうという内容となるよう働きかけることも重要なのです。
クールジャパン計画にふさわしい取り組みを実践することで、富裕層に加えて新たな層も不動産購入や起業へ向けた準備がしやすい環境が揃っていくようになります。
サムイ島の現状を最初に知る術がチャンスを生むのです。

サムイへの直行便が日本市場参入しない理由とその動向について

サムイ島はタイの南部にある島で、島全体にヤシの木が生い茂っていることからココナッツアイランドとも呼ばれている島です。
ハワイやグアムが観光地として非常にポピュラーになり、どんどん近代化されている中で、サムイは自然をそのまま残していることが特徴で、多くの癒しを求める観光客が訪れる場所となっています。
しかし、日本から行く場合には直行便が無く、タイで乗り換えていかなければいけない点が大きな障壁となっています。
その大きな理由はサムイが自然保護のための方針を貫き、日本市場参入を控えている点にあります。
サムイの魅力は自然あふれる環境にあります。そのため観光地としては高い人気を誇っています。
しかし、観光客が増えたことで自然が脅かされてしまうことはハワイやグアムが実証済みで、そのためより多くの観光客を維持しつつ海外からの直行便を極力減らすことで自然が維持されることを保っているのです。
この動向はサムイだけではなく自然を売りとする多くの観光地で行われており、それでも多くの観光客が訪れています。
直行便を遭えて用意せずに観光客を呼ぶ動向は一見日本市場参入を控えているようにも見えますが、実は日本の旅行市場に対する新たな市場参入方法として注目されています。

サムイ島の法人設立と住まいに関するメリットとデメリット

移住先として徐々に話題を集めているサムイ島は、法人設立という事柄に前向きな投資家も多く、土地付きの物件であればお得な購入が見込めます。
メリットとデメリットの両方を見ながら必要な数だけ不動産を揃えるということが大事であるため、現場の内情や従業員どうしのつながりを確かめる点も必要となります。
立地条件が優れた場所であれば設計から完成まで楽しみな時期を過ごすこととなるため、不動産全体の相場を見ながら法人設立の決意を担当者が行っていくことが大事になってきます。予想を超える金額に見積もりがなる場合もあり得ることから、事前に細かい要素を見定める方向も鍵となるわけです。比較的広い土地であれば、建物が建つまで維持費がかかっていくため、諸費用と呼ばれる部分まできちんと把握しておくことが重要です。
支払い能力があるという状態をアピールするためにもまずはサムイ島で有効となる口座から始めていく部分が大事になります。
システムエンジニアが間を取り持つことで、双方の国の意向を反映させる内容が生まれていきます。
円滑なサポートを通じて得た情報は、これからの貴重な財産として定着することとなり、契約までの日数を今一度調べる点にもつながります。

サムイ島の不動産購入と主な注意点

タイのサムイ島では不動産投資を積極的に呼びかける活動を行っており、地方では買占めといった現象が起こっています。
早期に保有しておけば、不動産購入を一歩リードしたかたちで締めくくることができるようになるため、外国人がやるべきことや主な注意点を学んで置く姿勢が大事なのです。またサムイ島はリゾートアイランドの異名を持つ未知の領域が多い地域なので、ロケーションを重視しながら適切な方法を考えていく部分が必要です。現地のエージェントの活動を通じて、必要になる情報からまずは収集してみることが大切となっていきます。
法人名義で購入した場合は、登記簿の管理が重大な側面となっていきます。問題意識を高めていくためにも、サムイ島の常識をあらかじめ伝えるという活動が鍵を握ります。プロジェクトを支援する仲介業との関わりが今後の展開を大きく左右していくこともあり、不動産購入においては綿密に現地の情勢を調査する内容が大事になってきます。数年後への確実な投資という名目でサムイ島に不動産を持つことができれば、十分な資金の蓄えを得る状況が現実のものになり得ます。
ビジネスチャンスがある今、決断をして行動に移すことが必要なのです。

常夏の島、サムイの移住ポイント

サムイ島は、タイの東海岸に位置する島で、大勢の旅行客が、美しい海と自然を求めて訪れます。
近年、温暖な気候の中で快適な生活を送りたいと、サムイに移住を希望する人が増えています。

移住するには、住むための土地選びが大きなポイントになります。
サムイには、島内を一周できるリングロードと呼ばれる大きな道路があります。
リングロードの内側は、山の見晴らしが楽しめる一方、急斜面を登る必要がありますので、生活するためには、車が必要になります。
また雨季には、大量の水が斜面を流れ、木々が倒され、道路が塞がってしまうということもあります。
リングロードの外側は、土地が平らで、海にも近く便利ではありますが、周りより低い土地には雨季に水がたまり、場所によっては、車やバイクも通行できなくなります。
住むためには、水のたまらない平らな土地を選ぶようにしましょう。

サムイに、大勢の外国人が住むようになり、ずいぶん生活環境も整ってきました。
外国人が安心して通院や入院が出来るインターナショナルホスピタルもあり、通訳も常駐しています。
また、スーパーマーケットでは、日本やヨーロッパからの輸入食品が容易に入手できます。

サムイは、恵まれた自然の中で生活できるとともに、不便を感じない生活を送ることができることが魅力でもあります。